ダイエット・サプリ

ダイエットで目標にするべきはスタイル

M子

ダイエットを始めたいんですけど、目標ってどう決めればいいんですか?

ゴリラ先生

目標は体重じゃなくて見た目のスタイルで決めよう!

目標にするべきなのは見た目のスタイル

 

ダイエットで目標にするべきなのは体重、ではなく見た目のスタイルです。

 

今の体重より何kg痩せる!という目標の立て方だと失敗しやすいです。

 

それよりも、目標にしたくなるようなスタイルの人を見つけて

この人みたいな見た目のスタイルになりたい! という風に考えましょう。

 

目標にしない方がいいのは体重の数値

 

逆に目標にするべきではないのは体重の数値です。

 

M子

なぜ体重を目標にしてはいけないんですか?

 

 

普通は何㎏太ったから、それより痩せなきゃ!

と思いますよね

 

でもダイエットで体重だけを気にしてしまうと、様々な良くないことがあります。

 

筋肉の方が脂肪より先に分解される

痩せようとして食事をいつもより減らすと、体は栄養が足りなくなります。

栄養が足りなくなると体は脂肪よりも筋肉を優先的に分解して

足りない栄養を補おうとします。

 

脂肪は非常用のエネルギーとして保存しておけるのですが

筋肉はカロリーを消費するので、先に分解してしまった方が生存率が上がるからです。

なので筋肉から先に減っていくので、数値上の体重だけは減ります。

 

筋肉が減ると体重は減るけど……

当たり前ですが、筋肉が減ると体重は減ります

なので体重の数字だけは減るけど、見た目のスタイルは前より悪くなります。

 

M子

筋肉が減って体重が落ちても、どうして見た目は悪くなるのでしょう?

 

一見、体重が落ちる=見た目が良くなると考えてしまいますよね

 

でも筋肉がなくなって体重が落ちるという事は加齢現象と同じことなんです。

 

こんなことを聞いた、または実感したことがありませんか?

年を取ると太りやすくなる
年を取るとダイエットしても昔みたいに体重が落ちない
年を取るとダイエットしても、すぐリバウンドしてしまう
リバウンドした体重がいつまでも戻らない

↑これらの原因は基礎代謝の低下です。

基礎代謝の低下=筋肉量の低下です。

 

つまりこれらの原因は全部、筋肉が減っていることによって起きているんです。

 

なので筋肉だけ減って体重が落ちても

脂肪はしっかり残っているので

 

手足は痩せていてもお腹だけ出ている、おじいちゃんみたいな体型になってしまいます。

 

なので、ダイエットの目標を決める時は体重ではなく

見た目のスタイルを基準にして始めましょう!

 

具体的な目標が決まったらやること

 

M子

Twitterやインスタなどで

私はこんな風になりたい!という目標を見つけられました!

 

目標が出来たら次はどうやって努力すればいいのでしょうか

 

記録をしよう!

 

一番良いのは今の自分の見た目を写真で撮って
後で比較できるようにしておくことです。

 

なぜかというと

人は毎日鏡を見るだけでは細かい変化に気付きにくいからです。

 

数年前の写真を見た時に

この頃の自分は太っていたor痩せていたなぁ…と思うことがありませんか?

 

もちろん、その頃も毎日鏡で自分のスタイルを見ていたはずなのに
今ほど自分のスタイルの変化に気付くことは出来なかったと思います。

 

毎日脂肪が5gついたとしても、
昨日より5gも脂肪がついちゃったぁぁぁ!痩せなきゃぁぁぁ!

なんてことにはなりませんよね?

 

でも毎日5gの脂肪がつく生活をしていたら
1年間で約2kgずつ太っていきます。
3年間で約6kg太ってしまいます。

ここまで太れば自分でも気付くと思いますが
友人などに指摘されなければ気付かない人もいるかもしれません。

 

人はそれだけ、ゆっくりとした自分の変化には気付きにくいのです。

 

なので、今は恥ずかしくても画像か動画で記録を取ることをオススメします。

 

 好きな見た目に出来るのは筋肉だけ

 

食事制限で脂肪が減ってきても

見た目を思い通りに変えられるのは筋肉だけです

※この時期に腹筋を鍛えると割れて見えやすいです。

 

筋肉は特定の部位を物凄く鍛えて、好みの見た目にすることが出来ます。

競輪やアームレスリング(腕相撲)の選手は特定の筋肉が物凄く発達していますよね?

 

筋トレをしている人は曜日ごとに鍛える部位を変えてトレーニングをしています。

それは自分が好きな場所を鍛えられるからです。

 

ですが骨、脂肪、内臓などは思ったように形を変えることが出来ません。

全体の脂肪は増やせますが、特定の部位だけタプタプにすることは出来ませんよね

 

なので、あなたが目標にした理想のスタイルをよく見て

ここの筋肉がかっこいい!とかこんな綺麗な背中、お尻になりたい!と思ったら

 

そこの部分だけ筋トレをすればいいんです。

そうすることで早く理想の見た目に近づくことが出来ます。

 

かつての僕がそうでしたが

筋トレは全身やらないといけないと思っていませんか?

 

全くそんなことはなく

自分の理想に必要なところだけをトレーニングすればいいんです。

 

筋トレも最低限だけで十分です。

 

まとめ

 

体重を基準で考えると失敗しやすいです。
体重の数値だけでダイエットが成功かどうかを判断すると
筋肉がなくなって見た目がおじいちゃんみたいになっても成功といえます。

 

今より体重が5kg落ちて、見た目がヨボヨボのおじいちゃん
今より体重が3kg落ちて、見た目がスラっとしたモデル

この二つの選択肢を自由に選べるとしたら
見た目が悪くなるおじいちゃんの方を選ぶ人は、ほぼいないと思います。

 

体重と見た目のスタイルの良さは=ではありません。

スポーツをやっていたスタイルの良い筋肉質な人に体重を聞いたら
自分が思っていたより重かった事はありませんか?

 

だけど聞いた体重が重いからといって
その人のスタイルに絶対なりたくない!
私はどんなに見た目が悪くても体重だけを減らしたいんだ!


という人はかなり特殊です。

 

格闘家やモデルで体重を管理しないといけないならまだしも
一般人がこだわるべきは体重ではなく、見た目のスタイルだけです。

 

あの人みたいなスタイルになりたい!と思う人はいても
あの人みたいな体重になりたい!とは思わないですよね

 

体重だけを気にしてしまうと

拒食症などにも繋がってしまうことがあるので

人生を楽しむためにも、目標は見た目で決める方がオススメです!

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018