映画

J・エドガーは伝記としても独裁者映画としてもオススメ

J・エドガーはディカプリオ主演の実在の人物に焦点を当てた映画
FBIの初代長官であるジョン・エドガー・フーヴァーの生涯を描いています

U-NEXT

J・エドガーは権力の欲望にとらわれた人間

初代FBI長官として1935年3月23日 – 1972年5月2日という長期間に渡って務めています
1つの役職に就くとしてはどう考えても異常な期間ですね

ただ、29歳で長官に就任していたりと
本人がめちゃくちゃ有能だったことは確かです。

初めはアメリカの治安に対する熱意と本人の優秀さも相まって
どんどん成果をあげていきました。

しかしFBIとして捜査情報を集めていく中で
政治家などの極秘情報も沢山目にするようになっていき

段々、その情報を使って自分の都合のいいように周囲を脅し始めたりして
FBIの権力を強くすることに執着していきます

愛すべきコンプレックス

家庭内で強い力を持っていた母親に対するマザコン
自信が小柄だったことから身長に対するコンプレックス
諸説ありますが、同性愛者疑惑 吃音など

権力に対して執着するのもコンプレックスの裏返しなのかもと思うと
少し親近感がわきます

功績も沢山

権力にとらわれて政治家を脅して長官の座に居座り続けたといえば
極悪人のように思われるかもしれませんが

現代では当たり前の指紋の登録や法医学を生かした捜査など
化学的な手法で捜査することをマニュアル化させた人物でもあります

批判もありますが、このように功績も沢山あります。

ディカプリオが若者~老年期まで演じた

ディカプリオが一人で20代の頃から死亡により長官を辞める77歳までを演じています

ベンジャミンバトンでブラピが演じたように特殊メイクで
一人の人間の生涯を演じているのは僕は好きでした

警察映画が好きな人にもオススメ

犯人を捕まえたり捜査するシーンもあるので

警察モノが好きな人にもオススメできる映画

僕はジョーカーゲームという作品が好きで
有能な人が集まっている組織を描いている作品が大好物です。

僕はU-NEXTで無料体験中に見ちゃいました。

U-NEXT Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018